障害年金サポートセンター
法人の方へ お問い合わせ サイトマップ  
全文検索
 
トップページ わかりやすい障害年金 障害年金BLOG 傷病別請求事例 よくあるご質問 事務所概要

トップページよくあるご質問>障害手当金の受給資格

よくあるご質問
手続代行
無料相談
よくあるご質問一覧
Q&A
 

受給資格【障害手当金】

■障害手当金の受給資格

Q

先日右手の人さし指を失いました。厚生年金加入中の障害の傷病の程度が軽いと、
障害厚生年金ではなく障害手当金がもらえると聞きました。どういう要件が必要なのか
教えてください。

A

障害手当金は、病気・ケガで障害者になったときに障害の程度が軽いときに一時金としてもらえる制度ですが、次の5つの条件を満たせば受給できます。

1.厚生年金保険の加入中に初診日があること。

原則として、初診日時点に厚生年金保険に加入していなければもらえません。 すなわち、民間の会社、商店等に勤めている間に初めて受診した病気やケガが対象です。

2.初診日から5年を経過する日までの間にその傷病が治っていること。

初診日から5年経っても傷病が治らないものは請求出来ません。
傷病が治った(症状固定したものを含む)ときのみ障害手当金が請求できます。

3.傷病が治った時に一定の障害の状態にあること。

障害手当金がもらえるかどうかは治った傷病の状況次第で決まります。一定の障害の状態とは、障害認定基準の障害手当金に該当する程度の症状かどうかです。

4.一定期間以上の保険料納付があること

初診日の前々月まで年金加入期間(被保険者期間)のうち滞納した期間が3分の1未満であるときは障害手当金の請求が出来ます。

すなわち、年金加入期間(被保険者期間)のうち、納付期間と免除期間を合算した期間が3分の2以上なければならないということです。 3分の2以上の納付要件を満たさなくても、初診日の前日において初診日の属する月の前々月までの1年間のうちに保険料の未納期間がない場合には、障害手当金の請求ができます。
この取扱は、初診日が平成28年4月1日までの特例です。

5.傷病が治ってから5年以内に請求すること

障害手当金についても請求しなくてはもらえません。手当金の請求には、5年の時効がありますので、治ってから5年こえて請求はできません。

したがって、あなたの場合も5つの要件を満たし、請求すれば障害手当金が受けられます。

  トップページに戻る   一覧に戻る   ページの先頭に戻る

Copyright (C) 2004 Hello Pension Service Center.All Rights Reserved.