障害年金サポートセンター
法人の方へ お問い合わせ サイトマップ  
全文検索
 
トップページ わかりやすい障害年金 障害年金BLOG 傷病別請求事例 よくあるご質問 事務所概要

トップページよくあるご質問>2つ以上の障害がある場合の取り扱い

よくあるご質問
手続代行
無料相談
よくあるご質問一覧
Q&A
 

2つ以上の障害【障害基礎年金】

■2つ以上の障害がある場合の取り扱い

Q

13年前に左腕を切断し、2級の障害基礎年金を受給していますが、最近、事故で両耳が聞こえなくなりました(聴力レベルは90デシベル)。受給している障害基礎年金と別に障害基礎年金は受けられますか?

A

障害基礎年金をもらっている人が、さらに別のケガや病気で障害の状態になりその障害についても障害基礎年金が受けられるようなケースが出てきますが、このときは、両方の障害基礎年金はもらえません。

そのかわり、後に発生した障害の障害認定日に、前の障害と後の障害を併せることによって、新しい障害等級が決められ、以後、新たな等級の障害基礎年金が支給されることになっています。

尚、それまで受給していた障害基礎年金を受給する権利は消滅します。

したがって、あなたの場合、後の障害は2級に該当し、前の障害と併せると新たに1級の障害基礎年金を受給することとなり、今まで受けていた2級の障害基礎年金の権利は消滅となります。

  トップページに戻る   一覧に戻る   ページの先頭に戻る

Copyright (C) 2004 Hello Pension Service Center.All Rights Reserved.