障害年金サポートセンター
法人の方へ お問い合わせ サイトマップ  
全文検索
 
トップページ わかりやすい障害年金 障害年金BLOG 傷病別請求事例 よくあるご質問 事務所概要

トップページよくあるご質問>障害基礎年金の障害の程度が軽くなったとき

よくあるご質問
手続代行
無料相談
よくあるご質問一覧
Q&A
 

障害の程度【障害基礎年金】

■症状が軽くなった場合1

Q

心筋梗塞で2級の障害基礎年金を受けていますが、症状が軽くなった場合、支給は停止されるのでしょうか?

A

障害基礎年金をもらっている人の障害の程度が軽くなり、2級の障害の状態に該当しなくなったときは、年金はその間支給停止されます。

ただし、2級に該当しなくなっても3級に該当している間は障害基礎年金を受ける権利はなくなりません。

支給停止後に再び症状が悪化して1級または2級の障害の状態に該当するようになった場合は、「支給停止事由該当届」を提出することにより支給停止は解除され、その障害の程度に応じた障害基礎年金の支給が再開されます。

表1

また、支給停止されている障害基礎年金の受給権者に、新たな傷病が発生した場合は、前の障害と後の障害を併せることによって65歳に達するまでに障害の程度が1級または2級の障害の状態に該当するようになったときは支給停止が解除され、その障害の程度に応じた障害基礎年金が支給されます。

ただし、障害基礎年金を受ける権利は、症状が軽くなり、3級の障害の状態にも該当しなくなって65歳になったとき(3級の障害の状態にも該当しなくなって3年を経過していないときは3年経過したとき)は、障害基礎年金を受ける権利はなくなります。

表2
  トップページに戻る   一覧に戻る   ページの先頭に戻る

Copyright (C) 2004 Hello Pension Service Center.All Rights Reserved.