障害年金サポートセンター
法人の方へ お問い合わせ サイトマップ  
全文検索
 
トップページ わかりやすい障害年金 障害年金BLOG 傷病別請求事例 よくあるご質問 事務所概要

トップページよくあるご質問>子の加算の減額

よくあるご質問
手続代行
無料相談
よくあるご質問一覧
Q&A
 

年金額【子の結婚】

■子の加算の減額

Q

10年前から障害基礎年金を受給中ですが、このたび子どもが結婚します。
この場合、年金額は変わるのでしょうか?

A

障害基礎年金に子の加算がされるかどうかは、原則として、障害基礎年金の受給権を取得したときに受給権者によって生計維持していた子(18歳到達年度末、20歳未満の障害者)に加算されていますが、子が次に該当したときは該当した翌月から減額されます。

1.死亡したとき。

2.受給権者による生計維持の状態がやんだとき。

3.婚姻をしたとき。

4.受給権者の配偶者以外の人の養子となったとき。

5.離縁によって,受給権者の子でなくなったとき。

6.18歳到達年度の末日を終了したとき(1級・2級の障害の子は20歳に達したとき)。

7.18歳到達年度の末日を終了後20歳末満の障害のある子が,1級・2級の障害の状態でなくなったとき。

したがって、あなたの場合、子が婚姻しますとその翌月から、子の加算額を減額した障害基礎年金の額に改定されます。

  トップページに戻る   一覧に戻る   ページの先頭に戻る

Copyright (C) 2004 Hello Pension Service Center.All Rights Reserved.