障害年金サポートセンター
法人の方へ お問い合わせ サイトマップ  
全文検索
 
トップページ わかりやすい障害年金 障害年金BLOG 傷病別請求事例 よくあるご質問 事務所概要

トップページよくあるご質問>請求

よくあるご質問
手続代行
無料相談
よくあるご質問一覧
Q&A
 

請求【障害基礎年金】

■20歳前初診の障害年金の請求

Q

30歳ですが、子どもの頃、右足を切断しました。
身体不自由で20歳前に3級の身体障害者手帳をもらっています。障害基礎年金が受けられることが最近わかり、請求手続きをしようと思いますがいつから受給されますか?

A

初診日において20歳末満であった者が、20歳時点で障害基準の等級に該当している場合には20歳に達したときから障害基礎年金の受給権ができます。

ただし、年金には時効があって、請求が遅れて5年以上経ってから請求した場合、年金は無効になってしまいます。

ただし、「年金を受給する権利」そのものが無効になるわけではありません。5年を過ぎると無効という意味は、5年前までの支給分については認めるがそれ以前の支給分は無効とするという意味です。

したがって、あなたが、今請求すると5年間はさかのぼってもらえるということです。

  トップページに戻る   一覧に戻る   ページの先頭に戻る

Copyright (C) 2004 Hello Pension Service Center.All Rights Reserved.