障害年金サポートセンター
法人の方へ お問い合わせ サイトマップ  
全文検索
 
トップページ わかりやすい障害年金 障害年金BLOG 傷病別請求事例 よくあるご質問 事務所概要

トップページよくあるご質問>障害年金と障害特例の老齢年金の併給

よくあるご質問
手続代行
無料相談
よくあるご質問一覧
Q&A
 

年金の併給【障害厚生年金、老齢年金】

■障害年金と障害特例の老齢年金の併給

Q

肝硬変で障害厚生年金を受給中です。現在会社に勤めていますが、平成16年8月に60歳になります老齢年金の受給資格ができたときはどうなりますか?

A

厚生年金加入していた昭和16年8月生まれの男子の老齢年金は、60歳から報酬比例部分の年金を受け、62歳になると報酬比例部分+定額部分の年金を受け取るようになっていますが、障害年金をすでに受給している者で退職している場合は60歳から報酬比例部分+定額部分の年金を受け取れる特典があります。(これを障害者特例という)。

この場合、いままでもらってきた障害厚生年金か60歳から権利ができる報酬比例部分+定額部分の年金のいずれか一方を選択することになります。

  トップページに戻る   一覧に戻る   ページの先頭に戻る

Copyright (C) 2004 Hello Pension Service Center.All Rights Reserved.