障害年金サポートセンター
法人の方へ お問い合わせ サイトマップ  
全文検索
 
トップページ わかりやすい障害年金 障害年金BLOG 傷病別請求事例 よくあるご質問 事務所概要

トップページわかりやすい障害年金障害年金用語説明>障害年金の趣旨と仕組み

わかりやすい障害年金
手続代行
無料相談
わかりやすい障害年金
受給までの流れ
障害年金用語説明
社会保険事務所一覧
 

障害年金の趣旨と仕組み

年金加入中に発生した病気やケガのため、日常生活に支障が出るようになり、また十分に働けない状態となることにより本人の所得がなくなったり減少することが考えられます。

障害年金は、このような所得の減少に対する保障とその家族の生活安定をはかるために支給される年金制度です。

障害年金も、基本的には2階建て構造になっており、国民年金から支給される「障害基礎年金」は、自営業者、民間サラリーマン、公務員、主婦などすべての人を対象にしており、1級障害と2級障害があります。

一方、「障害厚生年金」は民間のサラリーマン・OL、「障害共済年金」は公務員を対象にした上乗せ年金になっており、受けられる年金には、1級、2級、3級及び一時金として、障害手当金があり、障害の程度によって決められます。

つまり、厚生年金加入者が1、2級に該当したときは、 国民年金から「障害基礎年金」、厚生年金から「障害厚生年金」の2つが支給されます。

障害等級の1級、2級のケースの障害給付
トップページに戻る わかりやすい障害年金に戻る 障害年金用語説明に戻る ページの先頭に戻る

Copyright (C) 2004 Hello Pension Service Center.All Rights Reserved.