障害年金サポートセンター
法人の方へ お問い合わせ サイトマップ  
全文検索
 
トップページ わかりやすい障害年金 障害年金BLOG 傷病別請求事例 よくあるご質問 事務所概要

トップページわかりやすい障害年金障害年金用語説明>発病日の意義

わかりやすい障害年金
手続代行
無料相談
わかりやすい障害年金
受給までの流れ
障害年金用語説明
社会保険事務所一覧
 

発病日の意義

現行の障害年金は、初診日に加入していた年金制度から請求する仕組みになっています
が、昭和61年3月31日以前は、発生(発病)した傷病が、厚生年金保険(共済組合)の加入期間中の場合は、初診日でなく発病日をもって、加入要件を満たしているかどうかの判断が行われていました。

これを発病日主義といいます。

例えば、発病日が厚生年金加入中であれば、国民年金加入中に初診日があっても厚生年金から年金が支給されます。

逆に、発病日が国民年金の加入中で、初診日が厚生年金加入中であれば、どちらからも年金が出なかったのです。

昭和61年4月以降は、初診日主義に統−されましたので、こうした矛盾は解消されました。

それだけに、傷病が昭和61年3月31日以前の場合は、発病日が障害年金請求の重要な
キーポイントとなっています。

障害年金の加入要件(発病主義から初診日主義へ)

 

昭和61年3月以前

昭和61年4月以降

障害(共済)厚生年金

発病日に厚生年金(共済組合)に加入していたこと

初診日に厚生年金(共済組合)に加入していたこと

障害基礎年金

初診日に国民年金に加入していたこと

初診日に国民年金に加入していたこと

トップページに戻る わかりやすい障害年金に戻る 障害年金用語説明に戻る ページの先頭に戻る

Copyright (C) 2004 Hello Pension Service Center.All Rights Reserved.