障害年金サポートセンター
法人の方へ お問い合わせ サイトマップ  
全文検索
 
トップページ わかりやすい障害年金 障害年金BLOG 傷病別請求事例 よくあるご質問 事務所概要

トップページわかりやすい障害年金障害年金用語説明>障害認定日

わかりやすい障害年金
手続代行
無料相談
わかりやすい障害年金
受給までの流れ
障害年金用語説明
社会保険事務所一覧
 

障害認定日

障害認定日とは、障害の程度を判定し、障害年金や障害手当金を支給できるかどうか、
支給するとすれば何級に認定するかを判断する基準日のことです。

また、年金額計算においても障害認定日がキーポイントとなっており、障害厚生年金の年金額計算では障害認定日までの被保険者期間で計算され、それ以降の被保険者期間は年金額として計算されないことになっています。具体的な障害認定日は次の時点となります。

(1)傷病が治っていない(症状固定していない)場合は、初診日から起算して1年6ヶ月を経過した日

(2)初診日から1年6ヶ月を経過していなくとも,その間に傷病が治った(症状固定し療養の効果が期待されない状態)ものであれば、治った(症状固定した)ものと認められた日

尚、症状が固定し療養の効果が期待されない状態とは、以下の状態をいいますが基本的に医師がその判断をすることになります。

(1)器質的欠損又は変形により、機能障害等を残しているが外科治療が終了(骨折部の癒着又は創面治癒)し、これ以上の回復が見込まれないとき。

(2)症状が長期にわたって安定(一進一退の状態も含む。)しており、その傷病の固定性が認められ、かつ、当該療養を続ける限りでは療養の効果 (保存的治療を除く)が期待できない状態で、その傷病の残存する症状が自然経過により到達すると認められる最終の状態において固定し元の状態に戻らない状態が認められるとき。

尚、障害認定基準で、障害の程度が減退する見込みのない傷病による障害については、療養中であっても、症状固定とみなされ、初診日から起算し1年6ケ月経過を待たずして、 特例的に障害認定日とされる場合があります。

その主な事例を一覧にすると次のとおりになります。

障害認定日特例的取扱一覧表(その1)

臓器部位

主な傷病名

人工術等

障害認定日

腎 臓

慢性腎不全・糖尿性腎症

人工透析

施行日から3ケ月経過日

心 臓

不整脈

心臓ぺースメーカー

装着日

心臓弁膜疾患

人工弁装着術

装着日

下肢・大腿部等

骨折・関節の疾患

人工関節・人工骨頭

挿入置換日

呼吸器

肺気腫

在宅酸素(24時間)

開始日

肛 門

直腸癌、直腸狭窄、鎖肛、
直腸又は肛門外傷

人工肛門造設術施行

術の施行日

泌尿器

膀胱・前立腺疾患

人工膀胱・尿路変更

術の施行日

障害認定日特例的取扱一覧表(その2)

障害区分

部 位

主な傷病名

障害認定日

摘 出

喉頭部 眼球部

患部疾患

打撲

摘出日又は用廃日
障害手当金=創面治癒日

切 断

四肢 五指及び五趾

事故による切断

原則として切断日
障害手当金=創面治癒日

離 断

治療上やむを得ない患部
(四肢等)の離断手術

事故による不完全切断部離断バージャー氏病による離断、身体の壊疽部離断

原則として離断日
障害手当金=創面治癒日

運動機能障害

脳血管

運動機能障害(片麻痺等)

症状固定日
(6ヶ月経過後)

 

眼 部

失明

失明日

 

五指及び五趾

運動機能の用を廃したもの

用廃日

トップページに戻る わかりやすい障害年金に戻る 障害年金用語説明に戻る ページの先頭に戻る

Copyright (C) 2004 Hello Pension Service Center.All Rights Reserved.