障害年金サポートセンター
法人の方へ お問い合わせ サイトマップ  
全文検索
 
トップページ わかりやすい障害年金 障害年金BLOG 傷病別請求事例 よくあるご質問 事務所概要

トップページわかりやすい障害年金障害年金用語説明>障害状態認定の基本

わかりやすい障害年金
手続代行
無料相談
わかりやすい障害年金
受給までの流れ
障害年金用語説明
社会保険事務所一覧
 

障害状態認定の基本

障害の程度は、1・2級は日常生活能力、障害厚生年金の3級は労働能力を目安とするとされています。

日常生活能力は、社会人として日常の生活を他人に頼ることなく送れる能力と説明され、労働能力は個々人の仕事における労働能力ではなく一般的な仕事の労働能力を指すと言われています。

しかし、日常生活能力や労働能力そのものは抽象的な基準ですので、1人ひとりの具体的な障害の程度はこれでは判断できません。障害を具体的に判断する基準は障害認定基準で定められているのですが、日常生活能力や労働能力よる障害等級の判断の基本的な事項について「障害状態の基本」として記述されています。

等 級

障害状態の基本

1級障害

身体の機能の障害または長期にわたる安静を必要とする病状が、日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度のものをいいます。

この「日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度」とは、他人の介助を受けなければほとんど自分の用を弁ずることができない程度のものをいいます。

例えば、身のまわりのことはかろうじてできるが、それ以上の活動はできないもの又は行ってはいけないもの。

すなわち、病院内の生活でいえば、活動の範囲が概ねベッド周辺に限られるものであり、家庭内でいえば、活動の範囲が概ね病室(自室)内に限られるものである。

2級障害

身体の機能の障害または長期にわたる安静を必要とする病状が、日常生活が著しい制限を受けるかまたは日常生活に著しい制限を加えることが必要とする程度のものをいいます。

この「日常生活が著しい制限を受けるかまたは日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度」とは、必ずしも他人の介助を必要としないが、日常生活は極めて困難で、労働により収入を得ることができない程度のものである。

例えば、家庭内の極めて温和な活動(軽い補食作り、ハンカチ程度の洗濯等)はできるが、それ以上の活動はできないもの又は行ってはいけないもの。

すなわち、病院内の生活でいえば、活動の範囲が概ね病棟内に限られるものであり、家庭内でいえば、活動の範囲が概ね家屋内に限られるものである。

3級障害

傷病が治癒したものにあっては、労働が著しい制限を受けるか又は労働に著し制限を加えることを必要とする程度のものとする。

傷病が治らないもので労働が制限を受けるか、または労働に制限を加えることを必要とする程度のものとする。

障害手当金

傷病が治ったもの」であって、3級よりやや軽い症状で、労働が制限を受けるか又は労働に制限を加えなければならない程度のものとする。

トップページに戻る わかりやすい障害年金に戻る 障害年金用語説明に戻る ページの先頭に戻る

Copyright (C) 2004 Hello Pension Service Center.All Rights Reserved.