障害年金サポートセンター
法人の方へ お問い合わせ サイトマップ  
全文検索
 
トップページ わかりやすい障害年金 障害年金BLOG 傷病別請求事例 よくあるご質問 事務所概要

トップページわかりやすい障害年金障害年金用語説明>障害年金の請求はいつできるか

わかりやすい障害年金
手続代行
無料相談
わかりやすい障害年金
受給までの流れ
障害年金用語説明
社会保険事務所一覧
 

障害年金の請求はいつできるか

国民年金や厚生年金保険・共済組合の障害年金の請求が何時できるかは、
障害の程度の認定時期により異なりますが、次の5つに区分されます。

(1)障害認定日請求1・・・初診日から1年6ヶ月以内に傷病が治ったときの請求

(2)障害認定日請求2・・・初診日から1年6ヶ月目の請求

(3)事後重症による請求・・・初診日から1年6ヶ月以降に症状が悪化したときの請求

(4)初めて2級以上による請求・・・軽度の傷病に新たな傷病を併せての請求

(5)20歳前傷病による請求・・・20歳前の傷病による20歳時点になったときの請求

尚、障害手当金(厚生年金保険・共済組合)については、初診日から起算して5年を経過するまでの間に傷病が治った日が認定時期となります。

トップページに戻る わかりやすい障害年金に戻る 障害年金用語説明に戻る ページの先頭に戻る

Copyright (C) 2004 Hello Pension Service Center.All Rights Reserved.