障害年金サポートセンター
法人の方へ お問い合わせ サイトマップ  
全文検索
 
トップページ わかりやすい障害年金 障害年金BLOG 傷病別請求事例 よくあるご質問 事務所概要

トップページわかりやすい障害年金障害年金用語説明>障害認定日による請求

わかりやすい障害年金
手続代行
無料相談
わかりやすい障害年金
受給までの流れ
障害年金用語説明
社会保険事務所一覧
 

障害認定日による請求

障害年金が受けられる状態かどうかの認定は、障害認定日において行われます。
つまり、障害認定日の傷病が障害認定基準に定める程度の障害の状態に該当しているときは障害年金の受給資格が発生しその翌月から支給は開始します。

この障害認定日による請求には、次の2つの方法があります。

(1)初診日から1年6ヶ月以内に傷病が治り(症状が固定したとき含む)、その治った時点で請求する方法

例えば、事故で腕を切断し傷口は快復してなくても切断した時が請求日となります。

(2)初診日から1年6ヶ月目に請求する方法

例えば、内部疾患等のように初診日から1年6ヶ月たっても傷病が治らない場合は、1年6ヶ月目で一定の障害の状態に該当すればその時点で請求できます。

障害認定日による請求をしますと、受給権の発生月は障害認定月までさかのぼって行われます。

トップページに戻る わかりやすい障害年金に戻る 障害年金用語説明に戻る ページの先頭に戻る

Copyright (C) 2004 Hello Pension Service Center.All Rights Reserved.