障害年金サポートセンター
法人の方へ お問い合わせ サイトマップ  
全文検索
 
トップページ わかりやすい障害年金 障害年金BLOG 傷病別請求事例 よくあるご質問 事務所概要

トップページわかりやすい障害年金障害年金用語説明>初めて2級以上による請求

わかりやすい障害年金
手続代行
無料相談
わかりやすい障害年金
受給までの流れ
障害年金用語説明
社会保険事務所一覧
 

初めて2級以上による請求

3級以下の軽度の障害の状態にあるものが新たに発した傷病のため、
併せると障害が重くなる例はよくあることです。

このように、新たな障害と既存の障害とを併せて、障害認定基準2級以上の障害の状態 
となったときは、障害基礎年金の請求をすることができます。

この制度を「初めて2級以上による障害年金」といい、仕組みは以下のとおりです。

(1)65歳まで障害を併せて障害認定基準に該当する症状であること

新たな障害と既存の障害とを併せて、65歳に達する日の前日までに障害認定基準2級以上の障害の状態となっていることです。 
したがって、65歳までの症状が軽く、65歳以降に障害認定基準の2級以上の障害の状態になっても請求はできません。

(2)既存の障害は3級以下であること

新たな傷病(基準傷病といいます)を併せる条件として、既存の障害は2級以上でないことが前提となります。
すなわち、既存障害は3級以下の症状であることが請求するためには必要条件となります。

(3)年金加入要件と納付要件を満たしていること。

新たな傷病(基準傷病といいます)は、初診日が被保険者期間中であること (60歳以上65歳末満で日本に住んでいれば国民年金の被保険者の資格を失った後でもよい)。 年金の保険料を納付しなければならない期間がある場合は、 初診日前に納付要件を満たしていることの二つの条件がそろっていることが必要です。

(4)本人が請求することにより初めて受給権発生

「初めて2級以上による障害年金」は本人の請求を行ったことで初めて 受給する権利が発生することになっています。

したがって、請求しなければ権利は発生せず、もらうことはできません。 また、受給開始は、請求をした月の翌月からとなりますので2級以上に 該当しそうになったらできるだけ早く請求しないと損をすることになります。

初めて2級以上による請求

初めて2級以上による請求
トップページに戻る わかりやすい障害年金に戻る 障害年金用語説明に戻る ページの先頭に戻る

Copyright (C) 2004 Hello Pension Service Center.All Rights Reserved.