障害年金サポートセンター
法人の方へ お問い合わせ サイトマップ  
全文検索
 
トップページ わかりやすい障害年金 障害年金BLOG 傷病別請求事例 よくあるご質問 事務所概要

トップページわかりやすい障害年金障害年金用語説明>20歳前の傷病による20歳以降の請求

わかりやすい障害年金
手続代行
無料相談
わかりやすい障害年金
受給までの流れ
障害年金用語説明
社会保険事務所一覧
 

20歳前の傷病による20歳以降の請求

20歳に達する前に初診日がある病気・ケガで障害になった場合は、
20歳に達したとき(障害認定日が20歳以後の場合は、その障害認定日)に、
障害の程度が1級又は2級の状態にあれば、障害基礎年金が支給されます。

また、20歳に達したとき(誕生日の前日)又は障害認定日に障害基礎年金に該当する
障害の状態でなくても、その後、65歳に達する日の前日までに該当すれば、本人の請求により障害基礎年金が支給されます。

ただし、老齢基礎年金の繰上受給により既に年金を受けている人は、事後重症による請求はできません。

20歳前の傷病による20歳以降の請求

20歳前傷病による障害基礎年金は、受給権者の前年の所得が一定額を超えた場合は
全額または2分の1が支給停止になります。

トップページに戻る わかりやすい障害年金に戻る 障害年金用語説明に戻る ページの先頭に戻る

Copyright (C) 2004 Hello Pension Service Center.All Rights Reserved.